家賃収入は安定性抜群

例えば株やFXで、毎月確実に○○円以上稼ぐ、という目標を立てたとしても
収支を継続して安定させ、目標をクリアするのは非常に難しいです。

上級なスキルと経験、相場を見る目、ファンダメンタルズ分析、テクニカル手法、
何年も相場で戦ってきたプロでなければ、安定した収益を出すことは出来ません。

 

しかしマンション経営では、家賃は毎月決まっていますので、
安定した収益を継続的に得ることが出来ます。

それを私設年金(自分年金)として老後に役立てる事も可能ですし、
毎月の収益を貯め、次の物件購入に充てていけば、投資を拡大させ複利効果を得ることも出来ます。

 

保険代わりになる

マンションやアパートを購入する際、多くの場合はローンを組みます。

ごく希に現金で一棟もの(1億以上の物件も!?)をヒョイッと買っていく人をみますが
そういった方は別次元の投資家ですので例外として、
一般的なサラリーマンやOL、公務員の方々などは銀行から融資を受けます。

 

融資を受ける際に必ずと言っていいほど加入するのが、団体信用生命保険、略して団信です。

 

住居用の住宅ローンを利用する際にも加入するのが一般的ですので、耳にした事はあるかと思いますが

返済途中で契約者がお亡くなりになったり、高度障害になって継続的に働けなくなってしまった場合に、
契約者本人に代わって生命保険会社がローンの残高を支払ってくれるというものです。

 

 

不動産物件用のローン(アパートローン)も、内容的には同じです。

団信に加入していない状態で万が一の事があると、ご家族・親戚に多大なる負荷をかけてしまう心配が
ありますので、ほぼ全ての方は団信に加入しますし、

加入するという事が銀行からの融資の条件になっている場合もあります。

 

保険を使わずに健康でいられるのが一番ですが、万が一団信を利用せざるをえない状況になり、
生命保険によってローンが完済した後は、引き続き賃貸に出しておけば
残されたご家族の元に家賃が入りますし、一時金が必要であれば売却してもらうという選択肢もあります。

 

つまり、一般的な生命保険と同じ効果があるという事です。

実際私は、団信に入っていますので生命保険に加入していません。
おかげで月々数千円~数万円払うはずの保険料が浮いています。

 

"入ってくるお金"ではなく、"出て行かないお金"なので地味で目立ちませんが
しっかりと投資の効果になっています。

 


失敗しないマンション経営について学ぶ【ランドネット】

© 2019 ワンルームマンション経営 rss