楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!

どの楽器にするか、どの音楽教室、どの先生に習うかが決まったら、レッスンに通う準備をしましょう。

ピアノでしたら出来るならアップライトかグランドがあれば最高ですが、始めは電子ピアノでも良いでしょう。

キーボードはNGです。ちゃんと椅子に座って弾けるタイプのものにしましょう。

付け加えると本来子供のピアノ教育に電子ピアノはふさわしくないのでなるべく早いうちにピアノに変えてあげられると良いと思います。

 

バイオリンなど弦楽器は体の大きさに合わせてバイオリンの大きさも変えていきます。

教室によっては小さい楽器は期間限定なのでレンタルして下さるところもあるので先生に聞いてみると良いでしょう。購入する場合は先生推薦のメーカーや、推薦がなければ海外メーカーで学校用に大量生産しているところもあるのでネットで安く手に入れることができます。

バイオリンは通常の形が一番響きが良く、小さくするとどんなに高級であっても響きは劣ってしまうので、小さいうちはお安めの楽器で問題ないと思います。管楽器は口元の部分は銀製のものにすると良いでしょう。

 

銀製のものは重く高額になりますが、口元の部分だけでも銀製であれば音質が良くなります。

リードを使う楽器はリードの大きさや種類、メーカーなど自分に合うものをじっくり探って見つけていきましょう。打楽器は生ドラムが置ければ天国ですがかなりの大音量なので家庭用には電子ドラムが良いでしょうか。それと、小さい子用にミニドラムセットも売っていますので見に行ってみるといいと思います。

 

楽器はただの道具ではなく自分の気持ちを表現してくれる大事な代理人です。お安めな楽器であっても楽器店に足を運んで見て触って音を出して、何のフィルターも通さないご自分の耳で音色を聞いてあげて下さい。

専門的な聞き分けが出来なくてもいいんです。

楽器の生の声を聴いてなんとなくいいなと思ったらきっとそれが出会いなんです。信頼出来る先生、良い楽器とも出会えたらお子さんと音楽の旅に出発しましょう♪

 

© 2019 音楽教室 子供 rss